工業用シーズヒーターはこんなところで使われています

メニュー

2017年10月18日
工業用シーズヒーターはこんなところで使われていますを更新しました。
2017年10月18日
長持ちして使いやすいのが特長を更新しました。
2017年10月18日
メリットが多い工業用シーズヒーターを更新しました。
2017年10月18日
工業用シーズヒーターの意外なポイントを更新しました。

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ

工業用シーズヒーターは身近な存在です

工業用シーズヒーターとは聞きなれない言葉かもしれませんが、実はとても身近な存在です。
例えば、調理に関わる分野です。業務用の調理器具や食材の温蔵庫などに工業用シーズヒーターは使われています。また医療や健康の分野でも必需品です。病院で手術をするときには器具を高温の蒸気で滅菌しないといけないのですが、そこで高い温度を発する工業用シーズヒーターが活躍します。また、サウナの熱源としても使われているため、私たちの健康維持に役立ってくれています。その他では衣類などの乾燥機やロードヒーティングなど、シーズヒーターは無くてはならない存在なのです。
なぜこれほど広い範囲で利用されているのかというと、工業用シーズヒーターの加工のしやすさと安全性が理由です。発熱部品であるニクロム線を金属のシーズ(さや)で覆った構造になっているのがシーズヒーターであり、さやがあることで用途に合わせて曲げて加工することが可能になりました。また、「直接液体などに刺して温める」「保温する」など、むきだしの熱源ではできなかった用途にも対応できます。さやにより安全性が確保されています。
このような工業用シーズヒーターを作るには高い技術が必要です。これから工業用に取り入れようと考えている事業主の方は、信頼できる製造元から仕入れをすることが大切です。

工業製品で重宝されている工業用のシーズヒーター

私たちの生活のまわりでは、さまざまな工業製品が溢れています。これらの製造過程ではすべて加熱の工程を経て製造されていますが、わかりやすい工業品で言えば店内の大きな調理器具や冷蔵庫と言ったものですね。そしてそれらを製造する際に、重宝されているのが工業用のシーズヒーターです。シーズヒーターはその利便性や寿命の長さが人気になっていますが、ここではそんな工業用シーズヒーターについて一部をご紹介していきます。
ほとんどの工業製品に使用されている工業用シーズヒーターは、空気中はもちろん、真空、水、薬品などどんな状況下でも使用できます。さらに中の電熱線は空気に触れないために寿命が長いといった特徴もあります。その形状は自由自在で、温度のコントロールも的確に行うことができるといった優れものです。
加工によってその特性を付けることができ、空気中で熱効率を高めたい場合はエローフィン巻きといった加工で、遠赤外線加工であえれば遠赤外線効果をさらに高めることができるんです。
このような利便性が良い工業用シーズヒーターは、最新かつ独自の技術で製造されており、メーカーによってもさまざまな特徴やタイプがありますので、最適なシーズヒーターを選ぶようにしておきましょう。

ピックアップコンテンツ